読者になる

読書系女子のあれこれ

旅行と本が好き。面白かった本の考察とおすすめです。

本を読まなきゃ生きていけない 

私は旅行と読書のために生きている。
仕事は大嫌いだし、お金と保険と社会的な立場のために続けている。

 

週5日も労働するなんて辛すぎる。

友達は少ない。家族とはほぼ縁を切っている。

 


生きるのは、基本的にとても辛い。

 

 

面白い本の続きを読むために、行きたい場所に行くために、なんとか生きている。

 

f:id:quelle-on:20200505172302j:image

 

コロナの影響で、生きる目的二本柱の片方である旅行が潰れてしまった。


特に海外旅行はこれからしばらくは復活しないだろう。1年?2年?


もはや本を読むために生きているのだけど、本はいつか読み終わってしまう。
続きを読むために生きられるような本に出会える確率はそこまで高くない。

 

続きを楽しみに生きる期間はできるだけ先に伸ばしたいのだけど、面白ければ面白いほどすぐ読み切ってしまうジレンマがある。

 

続きを楽しみにしていた本を、この前読み切ってしまった。

1Q84 BOOK 1

1Q84 BOOK 1

  • 作者:村上 春樹
  • 発売日: 2009/05/29
  • メディア: 単行本
 

次に楽しみにできる本がなくなると無気力な廃人になってしまうので、読んでいる最中から全力で面白い本を探し続ける毎日である。

 

 

今週、Amazonで注文していたハイスミス『キャロル』が届いた。

キャロル (河出文庫)

キャロル (河出文庫)

 

映画で観てすごく良かったので。

 

まだ10ページくらいしか読んでいないけれど、面白いと確信した。
ハイスミスの小説は2冊目だが、好きだ…。

 

1冊目は太陽がいっぱい

太陽がいっぱい (河出文庫)

太陽がいっぱい (河出文庫)

 

ミステリ的な読者のリードが上手で、意外な展開が散りばめられていて飽きがこない。

情景描写が目に浮かぶよう。

同性愛系(ハイスミス自身がレズビアン)はハードな性描写が入りがちだが、ハイスミスは控え目な恋愛描写に対して、細やかなで丁寧な心情の描写が好きだ。

 

 

しばらくまだ生きていけそうです。

キャロル (河出文庫)

キャロル (河出文庫)