読者になる

読書系女子のあれこれ

旅行と本が好き。面白かった本の考察とおすすめです。

京都が舞台の小説

京都の大文字焼きを犬文字焼きにしようぜ!/鴻上尚史 『8月の犬は二度吠える』

鴻上尚史『八月の犬は二度吠える』書きだし部分のこの感覚は、京都で大学生活を送った人間なら共感できると思う。 新幹線が京都駅のホームに滑り込むと、いつも、身体の奥が震え始める。 この街で生活したのはもう二十年以上も前なのに、ホームに一歩足を踏…

京都×大学生のおすすめ小説まとめ

京都というのは不思議な魅力があって、何度も訪れたくなる何かがあると思う。京都で4年大学生活を送った私がおすすめする、京都が舞台で大学生が主人公の小説を笑える・観光・恋愛カテゴリで7冊紹介。読んだら京都に行きたくなること確実です。