読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書系フリーターの日常

ブラック企業を新卒半年で辞めた読書好きフリーターがいろいろ考えています。契約社員になりました。

私が読書ブログを書く理由

私は毎日、ときには一日3冊くらい本を読んでいるので、ちょくちょく「なにか面白い本を読みたい。だけど面白い本がどれかわからない。その今の気分に合った面白い本をどうやって探せばいいかもわからない」という状態に陥ります。

 

検索しようにも、「なんとなくこんな感じでこんな気持ちになれるのが読みたい」みたいなふんわりした状態だと探せなくて。

それで、面白い本を自分で紹介していけばいいんじゃないか、それを通して他のブロガーさんと仲良くなれば面白い本の情報も流してもらえるのではないか。と思ったのが始まりです。

以前にも何度か書いていますので、当ブログを最近知っていただいた方に。

 

読書紹介をメインにするつもりが、あんまり書けていなかったり脱線したりもしているけれど、私がブログを書く理由は

「本を読みたいと思っている人に役に立つ情報を提供したいから」

「面白い本の情報がとにかくほしいから」

です。

 

なるべく本を紹介するときには「~な気分のときにおすすめ」とか「~な状態の人におすすめ」とか書くようにしてます。

それにしても、読みたくなるような読書紹介ブログってどんななんだろう?

 

 

 

おすすめ本の紹介系はこんな感じで書いています。

quelle-on.hatenadiary.jp

quelle-on.hatenadiary.jp

 

quelle-on.hatenadiary.jp

 

読む方に関しては読書系以外のブログも多いです。

最近は他ブロガーさんとの交流欲も芽生えてきているのですが、いかんせん無精で・・・。

 

 

今週のお題「私がブログを書く理由」