読書系フリーターの日常

ブラック企業を新卒半年で辞めた読書好きフリーターがいろいろ考えています。契約社員になりました。

「32歳の男性」というワードに執着がある

完全なる雑記になるが、私は32歳の男の人がめちゃくちゃ好きである。アラサーとかいう、幅の広いものではない。

どのくらい好きかというと、合コンをするとして、「25歳の弁護士と医者とエリート商社マンが来る」という状況より、「32歳のサラリーマンが3人来る」という方が倍くらい興奮する。男性の年収とか職業は重視しないからかもしれないけれど。
32歳の男性が3人!!生唾ものである。
ここまで言っておいてなんだが、実際に会ってみたらそこまで興奮しない。好みの世界になるし。

思い返すと、小学生くらいから「32歳の男の人と結婚する!」と思っていたような気がするのだが、この32という数字の根拠が全くわからない。思い当たらない。
別に、付き合う男性を年齢で選んだことなどないし、所詮人間が32歳でいるのは人生の中で一年だけ。
わかってる。年齢に執着することに意味などない。

あまり聞いたことがないけど、他の人は特定の年齢に好みとか無いのだろうか。若い方がいいとか、そういうのは別にして。

でも、嗚呼、世の中の男性が皆32歳で止まってしまえばいいのに。
今20代くらいの男は早く32になってしまえ。