読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書系フリーターの日常

ブラック企業を新卒半年で辞めた読書好きフリーターがいろいろ考えています。契約社員になりました。

ホッテントリ入りした記事でおすすめされたミステリまとめ/批判について

前回の記事が8000PV超しました。

おすすめされたミステリと、ブコメ等に寄せられた批判について。

quelle-on.hatenadiary.jp

こんな私(どんな趣味と頭しててどんな本でダメだったか書きました)に面白そうなミステリーを紹介してくれる人がたくさんいて本当に嬉しかったです!!

正直言うと最後の二行はそれ期待して書きました。これ読んだうえで面白いの紹介してもらえたら嬉しいなって。

苦手意識ゆえにあまりミステリーを読んでいない。
文系でも没頭できるミステリーって、どっかに落ちてないかなぁ。

 これなら面白いんじゃない?的なコメントを一人でも付けてくれないかなって。

でも数十人紹介コメントつけてくれた!

勧められた本は基本的に読むタイプなので、読んでヒットしたらまたブログに書きます。

ブコメ・コメント・twitter おすすめミステリランキング

といいつつランキングともいえないっていうのが、30以上の紹介コメの中であんまり被らなかった。MAXで3人でした。

忘備録的な意味でも集計してみました。見落としがあったらごめんなさい。

作家で推してくれたのと、作品単体で推してくれたのを作家で統一しました。全作家・作品はこの記事の最後にまとめてます。

3人がおすすめ・・・伊坂幸太郎・摩耶雄嵩

2人がおすすめ・・・歌野晶午北村薫京極夏彦清涼院流水島田荘司森博嗣

penguin-diary.hatenablog.com

ここで紹介していただいたのも含めてます。

さて、この布陣はどうなのでしょうか?ミステリは全然知らないので判断ができませんが、摩耶雄嵩は少し調べて面白そうだと感じたので、まずこの人にいこうかと思っています。

「お前にこれはまだ早い」とか「この作家ならこれから入るとよい」的なのがあれば教えてほしいです。

 

で、紹介していただいてなんですが、紹介された作家の中で一冊以上読んで合わないと感じたものをあげておきます。(一度合わないと感じているので、後回しになるか読まないですがごめんなさいって意味です。この作品を読んでから言え!というのがあれば教えてほしい)

伊坂幸太郎『あひると鴨のコインロッカー』『ゴールデンスランバー』『陽気なギャングが地球を回す

話以前に言葉をこねくり回してる感が私は苦手でした。好きな人はそこが好きなんでしょうね。よく出てくるおしゃべりなキャラなんなの?

東野圭吾白夜行』『秘密』『黒笑小説』『レイクサイド』

主に前の記事に書いた理由と単にあまり印象に残りませんでした。※個人の感想です

宮部みゆき『レベル7』

あらすじが死ぬほど面白そうだから読んだけど、オチがあっけない・・・。※個人の感想です

小野不由美黒祠の島

誘導・ミスリードとか風景描写とかが最高でめっちゃ推理しながら読んだ。(推理するのは嫌いではないです)死ぬほどワクワクしたけど、最後こんだけいろいろしといてそれかい!ってなった。ミステリじゃないけど『魔性の子』も読んだ。両方とも怖い。トイレに一人で行けなくなった。

十二国記』シリーズは本当に至高。最高。全冊もってるし何回も読んでる。

一番好きな巻は、「図南の翼」です。

図南の翼 十二国記 (新潮文庫 お 37-59 十二国記)
 

風の海迷宮の岸―十二国記 (新潮文庫 お 37-54 十二国記)

これもいい。でもやっぱり全部いい。

 

良かったものについては、北村薫ミステリのイメージがありませんでした。

時間三部作(スキップ (新潮文庫)ターン (新潮文庫)リセット (新潮文庫)

読みました。最高によかったし、好きすぎて定期的に読み返しています。

私的読後しんみり考え込んでしまう作品NO.1だと思います。『空飛ぶ馬』読んでみます。

篠田節子も短編集静かな黄昏の国 (角川文庫)しか読んでないけど好き。人魚の話と最後の老後の施設の話がヒット。

 

・ちなみに、私が苦手ながらも何度もミステリーを読もうとする理由

む on Twitter: "例えば音楽や将棋の1流は数学が出来なくても数学的(論理)な応用があって、それは印象など文系的感覚の否定では無い。この記事の論旨は、ピーマンの味が嫌いだからピーマンの栄養素を認識せずに食べない子供と同じ。>>私がミステリーが苦手なわけ http://t.co/rpdSzt7iOS"

ピーマンのたとえが面白かったこのツイートをもとに書くと、「ピーマンの栄養素はわずかに認識しているが味が苦手で、オムレツにまぜたり肉詰めしたりして何度か食べようとしているけどやっぱりダメで挫折を繰り返している。でも周りのみんながおいしいって食べてるから私もおいしく食べれるようになりたい」です。

論旨は「私はピーマンは基本苦いものであまりおいしくないと思っているが、なぜ私がその苦味が嫌と感じるのか分析してみた」です。

 

お詫び(と弁解)

見たことない数のブコメが付きました。初心者です。浮かれています。

批判系のコメントもしっかり読んでくれた上でのが大半でうれしかったです。数人くらいなら、解釈の問題かな?で終わっていたところですが、あまりに多かったので私に問題があるという結論に至りました。

一部の方を不快にさせてしまったようなので、そこは申し訳なかったです。

 

言及していただいた記事をもとに批判について書いていきます。

azanaerunawano5to4.hatenablog.com

 突っ込みももっともだな、と思いました。

最後のミステリ記事まとめが、欲しかった!って感じでした。読みます。とりあえず竹本健治面白そう。

 

批判が集まった点

①自分個人の話のつもりで定義が大きく曖昧な言葉を使った(主に文系・理系)

②たいして読みも知りもしないでミステリーを語っているように見える

③全体的に表現が雑

 この3点かなと思います。

 おわりに

勧めていただいた本は手に入る限り読みます

何はともあれ、こんな私にでも楽しめそうなミステリーをたくさん教えていただけて最高に嬉しかったです。

 

最後に、(小学生前から)文字が読めるようになって以来、ずっと本を読み続けている私が今まで読んだ全ての本の中で不動の一位を誇るの貼っときます。

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)

 

 ハコ系をこれで知ったのだけど、本の中に本の世界があってさらにその中でさらに話が進行していく。そして現実に、また本の世界に、現実に見せかけた本の世界との融合。よくできすぎててガチで数行読むたび震えました。最高。

 

★オススメ一覧★ 

作家

歌野晶午海堂尊北村薫伊坂幸太郎小野不由美宮部みゆき京極夏彦森博嗣

麻耶雄嵩グレッグ・イーガン・西村京太郎・清涼院流水・柴田よしき・篠田節子北森鴻

 ジャンル

コージーミステリー・ハードボイルド・ミステリーセラー・日常の謎

 作品

※()の中は、作品名のみだったので私が調べて入れました。間違っていないと思いますが、万一違ったらそれは私の責任です。雑で申し訳ないけど全部コピペ。

北村薫『空飛ぶ馬』ディック・フランシスとロバート・B・パーカー「初秋」・「体育館の殺人」(青崎有吾)・「殺戮に至る病」(我孫子武丸)・グレッグ・イーガンの白熱光・貫井徳郎の「プリズム」・四日間の奇蹟:浅倉 卓弥・流星ワゴン:重松清『パーフェクト・プラン』柳原 慧・幸せは子猫のかたち:乙一サウスポー・キラー:水原秀策クリスティ ミス・マープル・近藤 史恵の「サクリファイス」・「神様ゲーム」(摩耶雄嵩)・黒い仏」(殊能将之)・鋼鉄都市(アイザック・アシモフ)・ウロボロス偽書』(竹本健治)・島田荘司 御手洗清シリーズ・「夏と冬の奏鳴曲」(摩耶雄嵩)・カラマーゾフの兄弟」(ドフトエフスキー)・矢吹駆初期三部作・「生ける屍の死」(山口雅也)・葉桜の季節に君を思うということ(歌野晶午)・アヒルと鴨のコインロッカー伊坂幸太郎)・扉は閉ざされたまま(石持浅海)・斜め屋敷の犯罪(島田荘司)・どちらかが彼女を殺した東野圭吾)・日本殺人事件(山口雅也)・テロリストのパラソル(藤原伊織)・午前3時のルールスター(垣根涼介)・米澤穂信の「氷菓