読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書系フリーターの日常

ブラック企業を新卒半年で辞めた読書好きフリーターがいろいろ考えています。契約社員になりました。

話が途切れない!聞く力 沢木耕太郎『深夜特急』

www.amazon.co.jp



私がかつてコミュ障を乗り越えるのに、ジャーナリストとかの聞き方は参考にしていました。
いま、阿川佐和子の『聞く力』がベストセラーになったりと、聞き上手になろう!みたいなものが流行っていると思います。

確かに、特にしゃべるのが苦手な人にとってはうまく話を聞いて相手にしゃべらせることで会話を成立させられるというのがすごく重要なのは経験済みです。




深夜特急は、言わずと知れたバックパッカーのバイブルですね。

一応内容を書くと、1~6まであって、著者がバスのみを使って香港からヨーロッパまで陸路で旅した記録です。
この旅の部分はいくらでもレビューがあると思うのですが、そこではなくて。

沢木耕太郎はジャーナリストですが、最後のページに著名人との対談がついているんですよね。
そこで相手の話を引き出す「聞き方」がすごいなと思ったのでまとめてみます。

長いので、黒字のところだけでも読んでもらえたら。

しかしこの旅を始めた当時26歳ってすごいな(^-^;)

対談 vs高倉健

これは2巻の最後についてるやつ。
旅と生き方、死に方についての内容です。5つに別れている部分の最初のところからまとめます。


1、5W1Hのオープン・クエスチョンとYES or NOのクローズド・クエスチョンの使い分け


沢木「~高倉さんがハワイを好きだという理由はどういうものなんですか。」 (WHY)

高倉「人が温かいですね。」

沢木「ハワイだと、僕らの場合だったら、短パンに、シャツ一枚に、食べる物も、その辺で果物を買って過ごして、物を持たないで暮らせるというのがいいと思うんですね。高倉さんの場合だったら、何が・・・。」(WHAT)

高倉 東映時代の忙しかったエピソードを話す「~ニ、三日の休みで、西海岸まで行くのは遠いし、どうしてもハワイへ行って、ひねもすグーグー寝てばっかり・・・」


沢木「いまだと、向かうところは西海岸になるんですか。」

高倉「ええ、最近は西海岸が多いですね。」

沢木「同じアメリカでも、ニューヨークとなると居心地があまりよくないんですか。」 ( YES or NO )

高倉 エピソードを話す。

沢木「いま、僕と高倉さんはたまたま北海道にいるんですけど、いまこの瞬間に、ここから自由にどこへでも行かせてくれるといったら、いちばん行きたい場所はどこですか。」(WHERE)

高倉「ポルトガルですね。~」エピソードを話す

沢木 それを受けてポルトガルのエピソードを話す

高倉「それまで僕はスペインが好きだったんです。(略)~もしいま、どこでも自由にと言われたら、やはりポルトガルに行きたいと答えたいですね。」

沢木「高倉さんは、闘牛はお嫌いですか。」( YES or NO )

高倉「大好きなんですよ。~」エピソードを話す

沢木「~僕もゾクっとするほど大好きなんですが、高倉さんは闘牛のどこに魅かれますか

闘牛について意見を出し合う

沢木「~死と隣り合わせで、美しい技術を見せる。ああいう職業というのは他にもあるんでしょうか。」 (YES or NO)

闘牛とレーサーについて意見を出し合う
沢木、スペインで見た恐ろしいほど下手な闘牛士のエピソード

沢木「高倉さんは、役者として、最初のころは不器用でしたか。別にいまの闘牛士の話とは関係ないんですけど(笑)」( YES or NO )
転換点!!

高倉「いまでも不器用だと思いますけど、僕ほど不器用なヤツって少ないんじゃないですかね。」

沢木「最初から、自分は不器用だと思い込んでいらしたんですか。」( YES or NO )

高倉 東映養成所時代の不器用エピソードを話す

沢木「映画俳優になったのはとにかくお金が必要だっからとうかがっていますが、でも、それだけでは持続しませんよね。」( YES or NO)

高倉「そうですねえ・・・。」

沢木「なにかもう少し違う要素があって俳優でありつづけたとすると、何が高倉さんを持続させたんでしょう。」(WHAT)

高倉 同期等のエピソードを話す


ーーーーーーーーーーーーーーーー

こうやって書き出してみると、話の広げ方や相手が話しやすい話題を出すイミングとかすごい。
下調べの情報の折り込み方とか。

あなたなら、どうですか。もしこうなら、どうしましたか。
こういう聞き方は、思わずしゃべりたくなっちゃう。
うまいなあ、と思いました。

答えが二択になるクローズドクエスチョンを出した場合、 YES or NOで答えることに普通はなるんですけども、もってくるタイミングがうまいのと高倉健さんにも心得があるので、自然にエピソードに繋がる。

これができたら、初対面の人でも話がまず途切れることはないんだろうな、と。
一番大事なのは、相手に興味を持つことですけどね。
byカーネギー