あまりの素晴らしさに<思わずため息が出る>小説5選

あまりの面白さに、数行読むたび震えが起こる、ため息が出る。 凄まじく面白いのに、感銘を受けすぎて少しずつしか読めない。 読書家の皆さまなら、そんな本を一冊は持っているのではないでしょうか。 私もいくつかあります。 そんな「思わずため息をつきながら読んでしまう」小説を5冊まとめてみました。 ・恩田陸『三月…